2013年09月29日

個人向け国債は買う必要性なし

こんにちは。リックです。

ずはり言い切ってしまいますが、
「個人向け国債」は投資対象としての魅力は
非常に低いです。

私も、投資を始めた時に買いました。
五年固定を100万円。
十年変動を100万円。

固定の方はもう償還されました。

十年変動はまだ運用期間中ですが
解約を考えてます。

個人向け国債は、下記の理由から
魅力が低いです。

•利率が低い
•単利式でしか利息がつかず、複利効果なし
•解約が面倒で換金性が悪い
•途中解約だと手数料として利息が目減りする
•利息には確実に課税される

個人向け国債を買うくらいなら、
楽天銀行などのネット銀行で、普通預金か定期預金に入れておけば十分だと思います。

楽天銀行などは、残高に応じた会員向けサービスのランクアップがあり、
もらえるポイントを増やせますしね。

ということで、
投資歴約八年の私の見解。

「個人向け国債は投資対象としての買う意味なし!」


お読みいただきありがとうございました。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

posted by ケン at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | お金のこと全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/376116360

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。