2014年07月24日

Facebookを使うときの注意点

こんにちは、りっくです。

突然ですが、私はfacebookも使っています。

ネットなどで「Facebook疲れ」という言葉も
よく見かけますが、確かに、うまく
つきあって有効活用するには、それなりの
経験とスキルを要するサービスだと思います。

自分及び友人の個人情報漏洩にならないように
気をつけることは当然のこと、ちょっとした
不注意で自分のイメージが大きく損なわれてしまう
リスクもあり得るので、注意が必要です。

facebookを楽しく使うために、私なりに気をつけていることを
列記したいと思います。



(1)自分の個人情報の取り扱い
たとえ実際に知っている友人たちとだけ繋がっている
状態だとしても、住所その他個人情報につながる内容は
絶対に書かないようにしています。
これには、家族の名前なども当然含みます。
また、子供の写真なども、つい載せたくなりますが
あまりバッチリ顔が移っているものは載せないようにしています。

(2)友人の個人情報の取り扱い
友人の個人情報につながるような書き込み、コメントも厳禁です。
住んでいるエリア、子供の名前など、自分が書いてしまったら
その友人からの信頼を失墜してしまいます。
名前をしっている子供のことなども、「お子さん」と表現したり
イニシャルで書いたり、ちょっとした気遣いが必要です。

(3)自分の会社の情報は絶対に書かない
会社つとめの人にとっては当然のことです。
ですが、残念ながら自分の会社の知人でも
会社関係の書き込みをついしてしまっている人を
時折見かけることがあり、残念です。
バリバリの機密情報をたれ流しているような人は
さすがにいませんが、「今日どこそこに出張に行った」とか
「うちのチームの製品の立ち上げ打ち上げがあって・・・」
とか、グレーゾーンと思われる書き込みをしている
人もみかけ、問題視しています。
管理職クラスでも・・・・。

(4)やたら頻繁に書き込みしない。

暇なのか、寂しがり屋なのか、自分大好きなのか?
いろいろな人がいるとは思いますが、毎日毎日
たくさんの記事を投稿している人を見かけます。

私は、そういう人にあまり良い印象を持たないので、
自分がそう思われないよう、あまり頻繁な書き込みは
避けています。

目安としては、多くても、平均して2日に1回くらいの
書き込み頻度にしています。

(5)いいね!やコメントも乱発しない

特に中が良い知人の書き込みにたいしては、
ついいろいろコメントを書き込んでしまわないよう
気をつけています。

コメントをもらうのも嬉しいものですが、何か投稿する度に
かならずコメントを寄せられるのも、正直ちょっと怖いです。

(自分が投稿する度に、ほぼ必ず数分以内くらいに
 いいね!ってしてくれる某知人がおり、正直、引いております。
 お世話になった先輩なので友達から消すのもちょっと
 しのびなく・・・)

長文になってしまいました。

要約すると、個人情報の取り扱いに注意、
そして何事もほどほどに、ということに尽きます。

今後もこれらに注意しつつ、楽しく、かつ
有意義にfacebookを使っていこうと思います。

お読みいただきありがとうございました。
posted by ケン at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/402501956

この記事へのトラックバック