2014年07月29日

確定拠出年金の状況

こんにちは、りっくです。

半年に一度届く、
「確定拠出年金お取引状況のお知らせ」が届きました。

6~7年前、私の勤務先でも確定拠出年金の制度が
導入され、強制的にですが年金資産の運用が続いています。

現在の状況、運用金額(拠出した額):約131万円に対し
年金資産評価額:約173万円。
今回の報告時点では約+42万円です。

私の運用は、30代半ばからの制度適用開始だったこともあり
リスクはやや高め、株式の割合も6割程度となっています。

少し昔を思い出すと、リーマンショックの時期は
この確定拠出年金の運用状況も大幅なマイナスでした。

皆さんご存知の通り、現在は株高の状況ですので
前述のようにプラス運用となっています。

まだ定年退職までにはかなり時間がありますので
あまり焦ってリバランスなどせず、このままぼちぼち
積立(拠出)を続けていって、結果的に年金評価額が
増えていけば、と考えています。

一つだけ留意していることがあります。
積立の割合としてはごくわずか、6%だけですが
「3年満期のDC定期預金」の積立も設定しています。
これは、リーマンショックのような株価暴落の場面が発生した場合に、
定期預金でつみあがっている額を株式投信などにスイッチングし、
景気回復期に年金資産評価額を増やす作戦をとるためです。
確定拠出年金以外にも積立投資を続けている自分にとっては、
定期預金の定期積立なんぞ、まったく魅力を感じませんが
景気動向急変時に臨機応変な対応を取るためと考えています。

ということで、引き続き最低限は経済動向のチェックを続けながら
運用を続けていきたいと思います。

PS
定年退職なんてまだまだ先のこと、と思っていても
あっという間に年を取ってしまうんだろうな。。。

お読みいただきありがとうございました。
【関連する記事】
posted by ケン at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定拠出年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/402832708

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。