2014年08月05日

「スタバ株は1月に買え」を少し読みました

駅の本屋で、「スタバ株は1月に買え」という
タイトルの本があったので、手にとって
パラパラと流し読みしてみました。


ざっというと、
「株主優待の権利確定の2~3ヶ月前に
優待株を買っておき、権利確定直前に
売ることで売却益を得る」という投資スタンスを紹介している
書籍のようです。





私は、どちらかというと
株主優待のメリットと配当金の両方を期待できる
銘柄を選んで購入、というスタンスなのですが、
この著者の主張も理解できます。

最近は株主優待ブームですから、マネー雑誌などで
特集された優待銘柄に個人投資家が集まり、
結果として権利確定日前には優待銘柄の株価は高騰する
ということも十分にあります。

株を買う時期、売るタイミングって難しいです。

優待を含めてして長期的に総合的な利益を積み上げていくか。

優待目当ての買いを見越した売買スタンスを貫き
値上がり益を狙っていくか。

どちらが正しいとは断言できませんし、ケースバイケースだと
思いますが、どちらを選ぶにせよ、
しっかりとした投資スタンスを持っておくことと、
「投資は余裕資金で」という鉄則を厳守することが
個人投資家にとって非常に大切になると思います。

考えを整理するきっかけとなった一冊でした。

参考までに楽天ブックスのリンクを掲載させていただきます。


お読みいただきありがとうございました。
posted by ケン at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック